おでこやあごにできるニキビの原因は?

 

あなたは今、繰り返しできるニキビに悩まされていませんか?「青春のシンボル」と言われる思春期にできるものから、大人になってもなおできるものまで、私たちを悩ます吹き出物はとても厄介ですよね。おでこや鼻、頬、アゴ、デコルテや背中にまで、様々な場所にできるから男女を問わず悩みの種だと思います。

 

しかし、そもそもにきびは、できる場所によって原因やお手入れ方法が異なる事を知っていますか?おでこや頬、鼻、デコルテ、アゴなど、あらゆる場所にできるので厄介なんですが、それぞれ場所ごとに発生するきっかけが異なる上にスキンケアの方法までも違うんですよ。なので、それぞれに合った治し方をしないと逆に悪化してしまう事があるので注意が必要です。

 

それから、カラダから必要以上に分泌される脂だけが、元凶ではないという事も知っていいるでしょうか。実は、脂性だけでなく皮膚が乾燥しがちな方であっても、吹き出物ができてしまう要素を持っているんですよ。これは吹き出物だけでなく、どんな皮膚トラブルでも乾燥や脂が良くないのと同じ事ですね。

 

また、思春期にできる物と大人になってできる物とでは、発生要因が異なるという事も知っていますか?思春期の頃はおでこや頬、鼻に多くできるものが、大人になるとおでこよりもアゴやデコルテに多くできるようになってくるんです。よって、学生時代と同じ対処法をしていたのでは、アゴやデコルテにできる大人にきびは治らないという事です。

 

そのため、まずはご自分のニキビの原因を知ることから始めるのが大切ですね。それと、普段のお手入れ方法も正しく行なえているかどうかが重要になるので、今一度ご自分のお手入れ方法を見直してみましょう。いくら脂っこい食べ物や規則正しい生活を心がけていたとしても、洗顔方法や使用しているコスメが合っていなければ全く意味が無いですからね。

 

例えば、乾燥肌だからとクリームや乳液をたっぷりと塗布している方は、ニキビの治し方としては良くないですね。同じ乾燥肌であってもニキビができている場合には、油分が多いクリームや乳液を多く使うことはお勧めできないんです。そういう場合には、ニキビ対策用のコスメを使用するのが良いと思いますよ。

 

その他考えられるニキビの原因としては、油分が多い食べ物を沢山摂っていたり、寝不足が続いていたり、アルコール摂取が多い事なども挙げられますね。昔の食べ物と今の食べ物を比べると、食の欧米化が進んでいることで油分の多い食べ物が増えてきたので、要注意ですよ。また、大人ニキビの多くはストレスが関係していたりもします。

 

背中にできるものについては、やはり背中という事もあって服の摩擦が関係していたり、温度変化でムレが生じたことで背中ニキビが引き起こされるようですね。これについては、気候に合わせた服装を選ぶと共に、ムレないようにタオルでこまめに汗を拭く事で改善できると思います。

 

背中は、おでこや鼻などのように自分では見えないからとついついお手入れを怠りがちですが、夏場は特に他人から見えやすい場所なので気を付けておきましょうね。このように、厄介なニキビには様々な原因が考えられます。ですが、改善方法についても様々あるので、あなたに合った治し方を試してみてはいかがでしょうか。それではごゆっくりご覧下さいませ…

参考:プロアクティブの評価は?大人ニキビ跡の効果は?【体験口コミ】

 

 

ニキビの原因菌について


あなたは、ニキビの原因を知っていますか?

 

そもそもニキビの原因は、アクネ菌という菌によるものです。

しかし、アクネ菌が発生するまでにはいくつかの段階があります。

 

まず、第一段階としておでこや鼻などの毛穴の角質が厚くなります。

 

毛穴の出口はとても狭いので、角質が厚くなる事によってすぐに出口がふさがれてしまうことにあります。

 

そうなると、皮脂が出ていかずに溜まった状態になって詰まってしまうんですね。

 

その毛穴の出口が脂で詰まった状態を、コメドと言います。

 

コメドには、オープンコメドとクローズコメドがあります。

 

オープンコメドは、見た目でもはっきりわかるような黒いブツブツの状態です。

 

黒ニキビとも言われているものですね。

 

一般的には鼻に多く見られるものになります。

 

一方クローズコメドは、炎症が悪化しやすいので注意が必要になります。

 

見た目では気づきにくいので、知らないうちに悪化してしまいがちなんです。

 

触ると固い感触を感じるようなら、悪化している可能性がありますね。

 

コメドができるとそこにアクネ菌が発生してしまうので、これが結果として吹き出物を発生させてしまう親玉となります。

 

アクネ菌が増殖すると、炎症を引き起こしてしまいます。

 

炎症になると赤くなるので、赤ニキビと呼ばれるものになりますね。

 

その炎症を抑えるために白血球が動き出し、アクネ菌とぶつかって膿ができます。

 

それらがぶつかることによって毛穴の壁が壊れてしまい、毛穴付近に痛みを伴う炎症が引き起こされる場合があります。

 

それら痛みを伴うにきびは、触ると固く熱を帯びているものです。

 

炎症が治まると痛みは治まりますが、痕が残ってしまうことがあるのでとても厄介です。

 

 

ニキビが増える要因とは?


ニキビが増える原因は、過剰な皮脂分泌にあります。

 

皮脂が過剰に分泌されてしまうことで毛穴に詰まってしまい、そこにアクネ菌が発生して炎症が引き起こされて吹き出物となります。

なので、顔に浮き出た脂をそのままにしていたりすると、どんどん増えてしまいますね。

 

よって、おでこや鼻、頬などに浮き出てしまった皮脂はきちんと洗顔して洗い流すようにしましょう。

 

しかし、このとき洗いすぎてはいけませんよ。かえって皮膚を乾燥させて、皮脂分泌を過剰にさせてしまうからです。

 

洗顔は多くても、1日に2〜3回にとどめるようにしておきましょう。

 

それから、増える要因は食生活にもあるかもしれません。

 

糖質が多い食べ物、脂質の多い食べ物を摂り続けるのは良くないんですよ。

 

どちらの食べ物も皮脂の材料になってしまうからです。

 

脂分の多い食べ物は肌に良い影響は与えないので、まずは脂分の多い食べ物の摂取を控えて、体の中から吹き出物ができにくい状態を作っていく事が大切ですね。

 

その他、あなたのスキンケアにも増える要因があるかもしれませんよ。

 

おでこや鼻、頬などに過剰に皮脂が分泌されているというのに、乳液やクリームで油分を補給していては症状を悪化させるだけです。

 

もう肌には十分すぎるくらい油分があるのだから、これ以上補給しないようにしましょう。

 

乳液やクリームよりも、化粧水やノンオイルジェルでスキンケアをすることをお勧めします。

 

ただし、肌が乾燥してしまう時には、適宜クリームを使用しても構いませんよ。

 

ストレスもまた要因を作ってしまうので、ストレスを溜めない生活も心がけていきましょうね。

ニキビの原因はストレス?

どうして成人してからもニキビが出来るのかというと、理由として潤いのない乾燥してしまった肌にあるのです。

一番の原因は余分な皮脂が溜まってできるんじゃないの?べとべとするような脂質が最も大きな原因と思っていた方、疑問に思って首をかしげる方もいるでしょう。

当たり前ですが、必要以上の油脂が出てきてしまうと毛穴に溜まるのでニキビの原因になるのは確かです。

ですが、必要な油脂まで洗い流してしまうと水分不足の肌になるのでカサカサしてしまい、悲しいことにこれがニキビのもとになるのですね。

ニキビ跡が残るとどうしても悩んでしまう問題として、クレーターのようなくぼみが肌に出来てしまう事や、ぼつぼつとした黒ずみが残ってしまう事が挙げられます。

クレーターを少しでも綺麗にするためには、適切な処置をしてくれる評判の良い皮膚科に行き、しっかり診断を受け適切な処置をしていかないと、綺麗にする事は非常に難しいといわれています。

そして肌に出来てしまった黒ずみでお悩みの方には、少しでも美白に近づけるための化粧品を使ってみながら、地肌がより薄くなるという方法もあるのです。

肌のつやを保ちつつ、洗い流すことが、ニキビケアには必須です。

とりわけ大人ニキビの場合は、乾燥させないことが絶対条件のため、皮脂を取り除きすぎない洗顔がポイントです。

その見込みがあるのが牛乳石鹸です。

牛乳石鹸はミルクバター配合なので、肌に潤いキープで汚れを落とせるので、ニキビ予防に有効なのです。

毛穴に必要以上の角栓が溜まってしまうと、目立つ部分にニキビが発生してしまう元になります。

ふと気付けば、目立つ角栓をなんとかしようと凝り固まった角質を外に出そうと必死になりますが、そのようにしてしまうと傷跡になる場合があります。

最初にしなければならない事は、予防する事、また悪くさせない為にも、今すぐに出来るのが汚れを落とした後に乳液などで乾燥を防ぎましょう。

必要以上の皮脂が毛穴に残らないように十分注意することが、予防できる人の上手なやり方とも言えます。

ご存知の方も多いのですが、ニキビは男女関わらず誰もが一度は悩む対処するのが難しい問題です。

なるべくニキビが出来る前に防ぐ対策として、色々な手段を試しながら工夫している人も多いです。

沢山ある方法の中でもニキビに良いとされるのが、水かお湯だけで洗うシンプルな洗顔方法です。

殆どの方が、おでこや頬にニキビを見つけた時に何とかしようと一日に何度も洗顔してみたり、石鹸や洗顔料を使う方が良いと思ってしまいがちですが、必要な油脂まで洗い落としてしまう事がありよくないのです。

吹き出物予防として、今栄養管理も注目されています。

栄養素の中でも糖質、脂質はカロリーも高く細菌を繁殖させてしまいニキビの元になります。

私達の生活には欠かせない食品の中でも特にチョコレートは、甘い成分だけでなく油分も沢山入っているので、体の負担を考えて食べることがとても大切です。

但しチョコレートの中でもカカオが多く糖質の少ないものは、美肌効果も抜群で体にも良いとされているので、甘いものをどうしても体が欲している時には、どんな成分が含まれているか必ずチェックしましょう。

甘いものばかりを食べ過ぎるとにきびが炎症を起こしやすくなり、当たり前のようにしていた洗顔の時でさえも、ほんの少しでも指が触れてしまっただけで、ものすごい痛みや刺激を感じることがあります。

ですので、ニキビが赤く膨れ上がったりしている時はどれほど神経質になって触れたくなったとしても、決して直接指や手で触れてしまってはいけません。

仮に直接触れてしまった場合、痛いというだけでなく手に触れた部分から雑菌が侵入して悪化すると、もっと酷くなって最悪の状態を招くこともあるからです。

皆さん知っての通り、私達が普段食べているものとニキビには大変重要な関連性があることが調査で分りました。

普段の生活の中でも大切な食生活を改善する事は、丈夫な体をつくるだけでなく、ニキビ解消にもつながるのです。

許す限りカロリーの低い野菜を主に摂るようにして、ビタミンやミネラルの豊富な緑黄色野菜を多めに、しっかりバランスを考えて摂るようにしましょう。

それからインゲン等食物繊維が多く含まれる野菜を摂ると、調子を整える働きがあるので便秘解消という観点からも、ぶつぶつしたニキビを緩和させるお勧めの方法です。

ニキビが出来る主な原因は、アクネ菌だといわれています。

直に顔やお肌に触れるフェイスタオルなどを他の人と一緒に使う事はとても不衛生です。

また、家族や友人でも直接肌が触れた場合に綺麗なタオルで拭いたりせずに洗わないでいると、触れたその相手からアクネ菌をもらってしまう可能性がとても高いことが調査で分ったのです。

そしてどうしても気になるにきびを何とかしようと触った後に、ほっぺや鼻といった他の部分に触れてしまうと、その場所にニキビが出来てしまう事もあるので要注意です。

顔に出来たニキビを治そうと無理やり潰すと、その中に溜まっていた膿が流れ出てくるはずです。

もう一度ぎゅっと奥の方から押すと今度は芯が出てきます。

実はこれがニキビの原因ともいわれる元で、力ずくで潰してしまうと肌を痛めてしまうので、一刻も早く綺麗な状態にしたい方はやめましょう。

それにこのやり方は、痛んだ肌に力を加えることになるのでさらに腫れが酷くなってしまう事が考えられます。

最悪の場合、傷跡として残ってしまうこともあるので時間はかかるかもしれませんが、薬を使って綺麗に治しましょう。

ニキビをできる前に予防したり、できてしまったニキビを正しく治していくには、バランスの良い食事を摂取することが大切です。

中でも野菜を意識して摂ることは極めて重要なことだと思います。

野菜にはビタミンやミネラルなどがたっぷりと含まれているから、そういったことを意識して摂ることが理想の形です。

ニキビがおでこにできると、何が何でも前髪で隠そうと思ってしまいます。

しかし、そのようなことをするのはニキビを悪化させかねない行為ともなりますので、できるだけ前髪で隠すといったことはやらずに毛髪が直接ニキビに接触することのないようにできるだけ刺激を与えないことが重要です。

ニキビは誰でも出来るだけ早く改善させたいものです。

ニキビは早く改善するためにも、とにかく手で触れないようにするのが重要なことです。

汚れて雑菌の付いている手で触ってしまうと、ニキビがより悪化しますし、触りすぎてしまいますとお肌のほうを傷つけてしまいます。

余りにも沢山のニキビが出来てしまった事でストレスだからと、洗えば綺麗になるかもしれないと思っても、本当は適度に無ければならない油分まで落としてしまい、かえって乾燥肌をまねきニキビの原因になる事があります。

それでも洗顔をしないと気が済まないという方は、顔を洗うのは一日の中で多くても二回までにしておきましょう。

ここで大切なのは、洗顔をする際に十分に泡を立てる事、傷口に直接手が触れるのを防ぎながら洗いましょう。

どこまでも泡で丁寧に洗うという気持ちを忘れずに、終わったらクリームなどで保湿を忘れないようにしましょう。

幼い頃からニキビに悩まされていたのが私のお母さんです。

そういった母と同じように私もまた若い頃からニキビに悩み、子供が生まれ親になり少しは落ち着くかなと思った今も、偏った食事になるとすぐに吹き出物として出てきます。

こういう理由から私は肌にはとても敏感です。

心苦しいのですが私の大切な娘もまだ3歳なのに、少し前から鼻のあたりに角質がつまっていました。

肌の状態がこのままであれば母と同じように娘は、ニキビ肌になりそうなのでとても怖いです。

万が一、これが遺伝であればとても怖いのです。

参照:ニキビ - Wikipedia
ニキビに関するwikipediaの説明。ニキビとは、皮膚の炎症性疾患。顔・胸・背に見られるものは、医学的に尋常性ざ瘡という。
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%AD%E3%83%93