NISAの口座が専業主婦でもおすすめという口コミって?

NISAをする上で5年後というのは大きなテーマになります。

なぜならNISAには最長5年間という期限が決められているからです。

タイムリミットが来た時に私たちは実際に何ができるのでしょうか。

上がっているか下がっているか関係なく一度売ってしまうというのがまず一つです。

次の年のNISA枠でそれまで運用していたものを引き継ぐという方法もあります。

あとはNISAではなく普通の証券口座に移行するというのも可能です。

NISA枠をどう使って投資をするのかは、人によって投資方針はいろいろだと思いますが、含み損がでているものをそのまま証券口座に引き継ぐと、何も考えずに投資をすると結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

NISAにはロールオーバーという制度があります。

NISAには最長5年という条件があり、5年経過した後に、その年の新たな非課税枠を使用し、その状態のまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAの投資枠自体は毎年120万円と決まっていますが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でも、ロールオーバーが可能です。

ジュニアNISAと呼ばれるしくみについても枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には同じものとお考えください。

とはいえNISAは2023年までの仕組みですので、これから始める人には、あまり関係がないことなのかもしれません。

NISAに失敗してしまうのはどのような原因があるのか気になりますよね。

NISAの仕組みによって失敗してしまう可能性、金融商品自体がもっているリスクによって起こるもの、NISAの仕組みによるデメリットを避けようとして逆効果になってしまうリスクの3つです。

NISAの仕組みによる失敗というのは、期間終了時に含み損が発生していた場合に、そのまま通常口座に移行し幸か不幸か株価が値上がりしてしまうと、含み損が出ていた時の金額が基準になってしまっているので利益がでたと判断され課税されてしまいます。

金融商品自体がもっているリスクというのは端的にいってしまうと、NISAであろうがなかろうが値下がりしたら損だよねということです。

NISAの仕組みによるデメリットを避けるがゆえに起きるリスクというのは、120万円の枠内に収まるよう投資先を考えるといったタイプの思考法のことを意味します。

NISAを銀行でやろうと考えている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いで...ということでなければ、基本的には手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券がおすすめですよ。

ゆうちょや銀行などの場合、NISAってどういうもの?というところから丁寧に説明してくれますので、面と向かってやり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のメリットである税金を引かれないというのは、支払うコストが低くなるということですから、折角ですので手数料が安くなる可能性も追求したいですよね。

可能な限りリスクを抑えることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

NISAのリスクについて説明します。

まず一つ目がNISAという仕組み自体が抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないメリットがありますが、損失が発生したときに損益通算ができません。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同一ですが、NISAで用心しなければいけないのが5年間という期限がついている点です。

期限が切れそうなときに通常の口座に移動させることはできるのですが、含み損が発生していても考慮されません。

一度売ってから買い戻したりする必要があるかもしれません。

そしてもちろん金融商品自体が持つリスクというのは当然あります。

NISAと積立NISAの違いを簡単に説明すると、現物株や投資信託が扱える通常のNISAとは異なり、投資可能な商品が限定されています。

積立NISAでは投資信託しか扱えないのですが、その中でも手数料が低く分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料がゼロであること、公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限についても年40万円までと決められています。

投資上限は低いですが、非課税投資枠が20年間まで最大800万円までという特徴もあります。

通常のNISAと併用することができないというのも気を付けなければいけないポイントです。

NISAで投資信託を行うのは初心者と言われています。

理由はというと、投資にかかる費用が少額で済むからです。

現物株の場合は一般的には、1単元につき数万円から数十万円程度となりますので、あまり数多くの銘柄には投資できません。

一度にまとまった額を投資することから心理的なハードルも高くなります。

一方で投資信託の場合は複合的な金融商品のため、資金が限定されているNISAでも分散投資が実現できますね。

投資にまわす予算があまり取れない方にもおすすめですね。

プロに運用してもらう場合、信託報酬などが必要になってきますのでその点は理解が必要です。

NISAの口座を開設できるのは2023年までです。

参照:NISAの口座は専業主婦でも作れる?【おすすめの証券会社は?】

運用期間は当初から決まっていたことではありますが、これから始めたいと思っている方にとってはあとわずかな期間しかありません。

この期間までは、5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーで持越しをすることが可能でしたが、これからはじめる方はこの制度は利用できないと考えて良いでしょう。

ではNISAの期限が切れると果たしてどうなってしまうのでしょうか?その場合はいったん売却するか、もしくは課税対象の普通口座に移行するかのどちらかになります。

非課税の口座と課税される口座間で株や投資信託を移し替えることで、最終的な収益を計算しておきましょう。

NISA投資におすすめなのは何になるでしょう?もしあなたが投資の初心者だったとすれば、まず最初に理解しておく必要があるのはNISAかどうかではなく、リスクリターンがついて回るという投資の特徴についてです。

預金は元本保証があるし投資はリスクがあるという単純な話ではなく、何がどうなるとそれがリスクとして現れるかを知ることです。

分かりやすく株を例にしてみると見通しが立たない会社の株は売られて値下がりします。

投資信託についてはコストも低いのでつい軽視しがちですが、投資先の金融商品を総合的に判断したり経済や景気がどうなるとどういう変化が起こるのかの予測ができておく必要があります。

金融商品自体の性質に加えてあとは自分が投資をどういう目的ではじめるのかを整理するといいでしょう。