ナースの勤務先といえば?実は病院以外にも求人多い?

ナースの勤務先といえばホスピタルという位置づけが普通でしょう。
しかし、看護師の資格を有効にさせる職場は、病院だけでは有りません。
保健所で保健師と意思疎通を充分にして地域住民の健康上の様々なケアをするのも看護師の責任です。
また、福祉施設にはドクターを確保しているところは少なく、ほとんどの医療行為をナースが行います。
実は、看護師でも公務員の立場に立てることがあります。
その方法は、国公立の医療機関で働くことです。
そもそも、看護師は知識や経験を積みながら長く働ける仕事だという理由から勉強する人も多いのですが、加えて公務員に準じたメリットがつけば一層安定した職業になることは確実です。
安定した収入と、解雇の心配が少なく、福利厚生が手厚いという点は魅力的なメリットです。
看護師の業務としては、どのような業務があるのでしょうか。
朝には前日の夜勤者から、患者の容体を聞いて、業務を引き継ぎます。
この業務は夜勤と日勤の交代の際に常に行われる「申し送り」です。
その後で、入院中の患者さんのバイタルを測定し、清拭や入浴の介助を必要にあわせて行うのです。
もし看護師として働きつつ自分の妊娠に気づいたら、注意すべきことがいくつかあり、まずはする必要のない放射線被曝を絶対にしないこと、これに尽きます。
CTや放射線治療、エックス線撮影など、被曝の危険は病院には多いですから、注意するに越したことはありません。
薬品についても身近に様々な薬品が、大量に存在する環境なのですから、その危険については、充分に心がけておくべきではないでしょうか。
また、立ち仕事をはじめ、何かと忙しく無理をしやすい仕事なので、残念な流産や、早産の危険がとても高いです。
ですから、必要十分な休憩をしっかりとって、なるべく安全な妊婦生活を送るようにしましょう。
看護師が働く場所に、いろいろな診療科がありますが、中でも外科に勤務したときのプラス面とマイナス面について知っておきましょう。
これから手術を受ける患者や術後の患者のケアを行うことにより、スキルアップに繋がりますよねー★マイナス面としては、一人の患者を担当出来る期間が術前術後に限られることが多いこともあり、長期に渡って落ち着いて患者のケアを行えないことが挙げられます。

看護師の転職先の人間関係は?職場の雰囲気が心配【悩み・不安を解決!】