被災地で一番重要なものは非常食?

ボランティア活動を通して、ボランティアをした人も受けた人も色んな思いを感じるはずです。
特に地震などの自然災害によって被災地へのボランティア活動ではやりきれない思いがあります。
(汗)また、どうにもならないことなど色々なことに直面すると思います。
地震、津波、台風などの自然災害は、いつおこるか分かりませんよね。
(汗)。
自分も被災者になる可能性だってありますよね。
この場合、ボランティアの人にきっと助けられるようになると思います。
また自分がボランティアする立場になるかもしれませんよね。
そんなボランティア活動をする人の心構えってどんなんでしょう!?それについてあげてみたいと思います。
<勇気と言う心構え>ボランティア活動で一番大切なことかもしれませんね。
特に被災地などに行くと何もかもが未知の世界と言うこともあります。
勇気を出して一歩踏み出します。
そして、実際に経験し体験して覚えていくようにすることもボランティア活動としては大切だと思います。
<コミュニケーションと言う心構え>ボランティア活動は、自分一人で出来るものではありません。
そのため、コミュニケーションを大切にしてください。
<平等と言う心構え>被災者だけでなく、身障者の人に対してもボランティア活動をすることがあると思います。
なるべく普通の人と同じように接しましょう。
非常食は何日分あればいい?