住宅ローンの金利と繰り上げ返済とは?

住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。
住宅ローンの金利というのは大きく分けて固定金利と変動金利があります。
また、住宅ローン現在対象を夫婦ともに受けるなら奥さんを連帯債務者にしておかないとダメです。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。
多くの場合、固定金利の方が金利が高く設定され、変動金利の方が金利が低く設定されています。
また、金利のタイプによって審査が違ってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。
どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、金利の推移が見れますので、それを参考にすると良いです。
自分だけの家が欲しい!と思ったときに役立つものとして住宅ローンがあります。
申し込みをする場合は、銀行や信用金庫で受け付けていますが自宅購入の際は、たいてい不動産屋に任せる人がほとんどだと思いますので不動産屋と提携している銀行・信用金庫に申請しても良いと思います。
返済期間に関しては人それぞれになりますが一番長くて35年の借入期間が選択できます。
ですが、この35年という期間は年齢によって不可能になる場合もあります。
たいてい40歳以上の方の申し込みの場合からなかなか難しくなる。
といったケースが多くあります。
毎月の住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金が出来る時もあるかと思います。
その様な時は場合は是非、繰り上げ返済を検討してください。
繰り上げ返済といのはいつものローンとは別のもので、まとまった金額を返済する手法です。
繰り上げ返済をすれば、ローンの元の金額を減らす事ができますので、借入額をさらに減らす事ができます。
元の金額が減るので、月の返済金額も減ります。
繰り上げ返済には手数料がかかる銀行とかからない銀行があります。